画像1

いわき市内各地で栽培されるオリーブは65カ所です。毎年少しずつ栽培の輪が広がっていきます。

画像2

2015年にいわきで初めてオリーブオイルを搾油。翌年には4種類のオリーブオイルアルベキーナ、ネバディロブランコ、ピクアル、レッチーノを搾油しました。

画像3

オリーブの葉、福島の山椒、いわきのカボス、芽子にんにく、いわき市の魚・めひかりをプラスオリーブでいろいろな商品にしました。


ぐるっといわき

インフォメーション Information


サンシャインオリーブが風に揺れるいわき。
いわきの海でとれる魚でアンチョビがつくれたら、漁業も農業も元気になるだろう。
初めてのオリーブオイルを絞ったのが試験栽培から6年目の2015年のことです。



2009年の研究会立ち上げ当時、いわきでのオリーブの露地栽培は北限を超えて難しいと言われ、実際に数百本のオリーブが枯れるなど多くの困難がありました。また、原発事故による厳しい問題も抱えることとなりましたが、小豆島のオリーブ農家、企業の支援や、ボランティアの支援によって、2015年には初めてのオリーブオイルを搾油し、6年目にしてやっといわきでオリーブを栽培できることが実証できました。

東京都中野区の「オリーブのはばたきの会」とともにJR中野駅にはじまり、東京車掌区の有志の皆さんも多数加わった収穫ボランティア、日本財団学生ボランティア「GAKUVO」、ロックコープスなどの栽培支援活動で広がりを見せ、少しずつ、県外でも認知されるようになってきました。2017年から栽培事業を開始し、耕作放棄地を農地として活用することなどでオリーブ畑は市内65カ所に増えています。

商品一覧 Menu

購入手続について

2019 いわき産オリーブオイル【期間限定】

2019 いわき産オリーブオイル【期間限定】

2019 いわき産オリーブの実 ハーブ漬け【期間限定】

2019 いわき産オリーブの実 ハーブ漬け【期間限定】

新 いわきのオリーブ飴

新 いわきのオリーブ飴

活動のご報告 Photos

  • 東日本大震災いわきの「歩み」と「学び」展
  • 東日本大震災いわきの「歩み」と「学び」展
  • 絆の街・縁ガ輪市-オリーブのはばたきプロジェクト
  • 絆の街・縁ガ輪市-オリーブのはばたきプロジェクト
  • 絆の街・縁ガ輪市-オリーブのはばたきプロジェクト

リンク Link